現物をひと目も見ずに、指一本触れずにレビューしました!

新型Macbookの仕様を見て、「こりゃ、ノートPCとして厳しいんじゃねぇの?」と思った人は多いはずだ。
なにせUSBポートがひとつしかない。
それも電源を兼ねるから実質ゼロに近い。
CPUもあまり速くない。

この仕様を見たとき、正直「これなにがしたいんだよ……」と思った。
「ネットに流れるアップル信者の肯定コメントを楽しむくらいしか意味がないのではないか?」
とか思っていたのである。

それであるときアップル信者雑誌『Mac Fan』をぼーっと読んでいると、新型MacbookとiOSデバイスの近似性に関する記述があってようやくわかった。

つまりこれは、ノートPCではなく、ノートPCとタブレットデバイスの中間なんだなって。
極端な事を言えば、「キーボード付きiPad」であると。
ノートPCとタブレットデバイスの中間といえば、MSのSurfaceが有名であるが、あっちがペンを基本としているのに対して、新型Macbookはキーボードをメインとしている。

そうなってくるとコネクタがひとつしかないのも当然である。
iPadにはLightningコネクタひとつしかない。

まぁ、わかったところで私は外出時のちょい閲覧ならiOSデバイスを使いますし、作業用にはUSBコネクタは電源別で2つ欲しいので買わないと思います。
Bluetoothマウスは現状では精度が微妙なので、私はUSB無線マウスを愛用しています。

逆にタッチパッドに慣れてる方ならオススメできると思います。