というわけで、『Project Morpheus』体験会……いや、事実上の『Summer Lesson』体験会に行ってきたで。

ゲームの未来を一足先に見た

000000000


とりあえず、時間の関係で体験できたのは3つ。
  • "AKB0048"×"アクエリオン" 多次元スペシャルライブ
  • ソードアート・オンライン
  • サマーレッスン
『"AKB0048"×"アクエリオン" 多次元スペシャルライブ』は高速で空中を浮遊しながらライブというかバトルを見学するコンテンツだ。
高速移動モノはこれくらいがちょうどいいというか、これ以上リアリティ上げたら怖くて目を開けてられなくなりそうだ。

『ソードアート・オンライン』は閃光のアスナさんが昼寝しているのを見学するコンテンツだ。
無理に2Dっぽく表現しようとしているせいか立体感がちょっとおかしいぞ。
あと、アスナさんの大きさがなんかおかしい。
半分くらいしかないんじゃないかな?
あと、例のログイン演出がなかったのが残念。

『サマーレッスン』は他に体験したものより格段にクオリティが高い。
視線への反応の他に、相手の質問にYESかNOで答えるというインタラクティブ性がある。
YESなら首を縦に振る、NOなら横。
ただ、HMDがずれてしまう問題がある。
しかしあまりにリアリティが高いので、キャラの言葉に選択肢以外でも思わず頷いてしまう。
気になる点といえば、本の内容とかがぼけててよく見えないことだろう。
これは意図的らしいが……。

残念ながら画面そのものは撮影禁止だったので写真はない。
あったとして写真では意味が無いだろう。

『Project Morpheus』そのものの問題がいくつか確認できてきた。
まず、解像度が粗い。
目の前に展開してしまうどフルHDでは足りないと感じる。
いずれは4Kになるものとして楽しみにしておく。
あと、重い。
基本的に現段階では長時間プレイするのには向かないだろう。

そういえば、粒子吸い込むアレどうなったんですかね?


アンケートに記入するためのレポートルームというのが用意されているのだが入ってびっくり、原田勝弘氏と吉田修平氏のトークが行われている!

原田氏「女の子が目の前でムカデとか吐いたらトラウマだね!」

000000000


時間が少なくて体験できていないコンテンツがあったのは残念だったが、かなり濃密な体験ができた。
TGSで展示中止になるほどのコンテンツをいち早く体験できたのはうれしい。

ゲームが次のステージへ向かうことを確認できた素晴らしいイベントだった。