やぁ、今回の記事はこのブログを読んでいるようなイカしたオタク諸君にとっては欠かせないAmazonについてだよ。

ポストに入らない定形外郵便が厄介

我々の生活を一気に便利したAmazonであるが、強いて文句を付けるとすれば運送会社を選べないという点である。
この点に関しては追加料金を払えば運送方法が選べるヨドバシに分がある。
ただし、Amazonも日時指定をすれば必ずヤマトになるという特性があるので、これは憶えておくと便利な知識である。

通常発送やお急ぎ便ではある程度ランダム性がある……正直、ヤマト以外の運送業者にはご遠慮いただきたい。

Amazonの買い物の中でも最も謎なのが新書を1冊買って通常発送かお急ぎ便で注文した場合である。

梱包サイズも小さい簡易包装、大きい簡易包装、箱と3パターンくらいまでブレがあり、定形外郵便、ゆうパック、ヤマト宅急便と運送業者も3パターンくらいブレがある。

厄介なのが大きい簡易包装+定形外郵便の組み合わせで、これは受け取れるタイミングがややシビアである。

最も、TMGなる極めて悪質な業者が担当している地域もあるらしく、それに比べればマシなのかもしれない。

新書がベスト (ベスト新書)
小飼 弾
ベストセラーズ
2010-06-09