つ……ついにクリアしたぞ!
激闘880日!
ついにクリアしたぞーーーーーっ!

『シェルノサージュ〜失われた星へ捧ぐ詩〜』の総括をはじめるっ!

作品概要

普段はサボってるけど、今回は作品概要とかも書いてみるか……。

ある日、あなたのPSVITAが7次元先の世界と繋がった!
繋がった先の少女イオンとコミュニケーションを取りながら、彼女の記憶を修復しよう!


的な設定で展開されるゲームである。
よくあるアバターキャラクターをラジコン操作するゲームと違い、PSVITAを握っている「あなた」がそのまま主人公になるゲームである。
これ超重要!

他にもリアルタイム要素とソーシャル要素を持っていることも特徴だ。
リアルタイム要素というのはゲーム内でアイテム制作をはじめると完成まで何時間かかかるということだ。

ゲーム本体には最初の方のシナリオしか入ってなくて、2ヶ月に一回くらい新しい『セカイパック』が販売開始されるという仕組みだ。

ゲーム本体は2012年4月26日に発売されたが、13番目にして最後の『セカイパック』が2014年7月31日にようやくリリースされた。

いろいろな意味でせっかちさんには厳しいタイトルと言える。

完結より先に続編である『アルノサージュ〜生まれいずる星へ祈る詩〜』 の方が発売されるというまさかの展開も見せた。

それで現在ではソーシャル機能を削除したオフライン版なるものが発売されている。

結局クリアできなかった

何言ってるのかよくわからないかもしれない。
さっき、「クリアした」と書いたではないかと言われればその通りだ。
だが、この2つは矛盾しない。
順を追って説明しよう。
実はシナリオの最後の最後のところまで迫ったのだが、あと一歩のところでシナリオが進まなくなるという怪現象が起きた。
おそらくはバグである。
ガストのサポートフォームに報告はしたが、何の救済も行われないまま、オフライン版の発売となった。
とりあえず、オフライン版を購入し、データ移行してみたら、たちまちシナリオが進み、めでたくエンディングへと到達できました……とさ。
いいのか、これで?

すごい……しかし二度とやりたくない!

『シェルノサージュ』とは何だったのか!?
それを一言で表すと「アルノサージュのための壮大な助走」である。

そっちの方向ではすでに『アルノサージュ』の感想記事で一緒に書いているので、そっちを見ていただきたい。
【ゲーム】『アルノサージュ』をクリアしたから語る【ネタバレありまくり】

それをあえて今回は単体として評価してみると……「すごい……しかし二度とやりたくない!」となるだろう。

世界観、シナリオ、キャラクター、演出、グラフィックデザイン、音楽など「創作物」、「物語」として魅力はとてつもない。
しかしだ、「ソフトウェア」や「ゲーム」として考えるとかなり厳しいものがある。

このゲームはリアルタイム要素を全面に押し出しているので、「少し操作して長時間待つ」というのが基本スタンスになる。
しかし、スマフォならともかくPSVITAでこのスタンスは厳しい。
PSVITAでは同時に複数のゲームを立ち上げることができないし、本作は起動やロードにとんでもなく時間がかかるのだ。
しかも、ゲーム史上の歴史に残るバグの酷さである。
購入者のうち一体何%がエンディングに辿りつけたのか?

その辺りの反省の結果がオフライン版なんだろう……。
オンライン版もせめてバグは直せよ……。

これからどうするか

一応クリアしたが、私はかなりの要素をやり残している。
プレイのしかたがまずかったのがバグのせいなのか知らないが、『デートスポットカード』も1枚しか持ってないし、好感度のハートマークも2つしかない。
とりあえず、せっかくのオフライン版で快適に残りの要素も遊んでみるとしよう……。

オフライン版はかなりヌルくなっているから、未プレイの人にもオススメできる。