前回、『要素編』として記事を書きましたが、今回はBTOモデルと店頭販売モデルの違いについて書いてみます。

念のために説明しておきますが、BTOとはBuild to Orderの略で注文されたものを作るということです。

※すべての記事において、内容にいかなる保証も行いませんので、各自よく調べてね。


理想を求めるならもちろんBTO

BTOなら金を積めばパワーアップできますし、逆にいらないところを削れば節約できます。
だから理想に近いPCを手に入れることができます。

Windowsの上位版が欲しい場合はほぼ必ずBTOである必要があります。
店頭販売モデルの搭載OSは大体下位版だからです。
(Let's noteは店頭販売モデルでも大体上位版を搭載しているみたいです。Surface Proはさすがに名前通り上位版を搭載していますね。 )







あと、DELLなど一部のメーカー製品はBTOでしか入手できません。
(いわゆる「即納モデル」がBTOかと言われるとアレなんですが……)

BTOは店頭でも注文できる

BTOはインターネット注文が基本ですが、ヨドバシカメラなど店頭でも注文はできます。
ポイントは加算されませんが、なんと使うことはできます。

店頭販売モデルの内容と価格

一般的に国内メーカー店頭販売モデルのノートPCは価格の下限が決まっています。
それが88000円です。
型落ちやアウトレット、在庫一掃セールなどの特殊事情を除いてこれを下回ることはありません。
スペックやOfficeの付属などを調整して必ずこの価格より高くなるように組まれています。

店頭販売モデルの利点

到着までの時間が長い以外では無敵かと思われたBTOですが、店頭販売モデル側にも利点があります。

まず、ポイントが加算されます。
ただし、SurfaceやMachintoshのような一部機種は加算率が低いので注意してください。

次に型落ちします。
PCが最も安く買える狙い目です。
すごいこだわりとかない人は型落ちが最大のオススメです。

最後に……中古PCショップに高く売れます。
正確には逆で、同じようなスペックでもBTOが安くなってしまうのです。
理由は同じ型番でもスペックが違うとデータベース管理に不都合だからです。

Apple最強伝説

Mac OSの使い勝手を考えなければApple製品は最強です。
まず、OSに上位版も下位版もないから悩むことがありません。
店頭販売モデルで充分なケースがほとんどです。
そして、中古PCショップで高く売れます。



OEM版のOfficeはどうなのか?

BTOでも料金を上乗せすればMS Officeが付属します。
付属版……つまりOEM版は単体パッケージ版を購入するより安くなっていますので一瞬お得に見えますが、実はトラップなのではないかと私は思っています。

OEM版というのはライセンス上、その同時に購入したPCでしか使うことができません。

パッケージ版はだいたいOEM版の2倍の価格です。
しかし、パッケージ版は同時に2台のPCにインストールすることが許されているのです!

つまり、同じOfficeを2台にインストールしたい場合、ライセンスの自由度が高いパッケージ版の方が有利ということになります。

※ライセンスとかいつ変更されるかわからないから、各自でよく調べてね。