さて、今回はWindows 8のタブレットデバイスについて私の感想なんぞ書いてみます。
タッチ機能強化をウリに登場したWindows 8に合わせて次々登場しているWindows 8タブレットですが果たして……。

結論・使い所がない

いつぞやの記事をいきなり否定するようですが、使い所があまりありません。
もちろん、「私には有効な使い道がある!」と豪語される方がいてもおかしくはありません。
しかし、そういう人はこんな記事を読まなくてもいいのです。
逆に今使い道が思いつかない人にはオススメしません。
とりあえず私にはこういったデバイスの有効な使い道は業務用かノベルゲーム用以外に思いつきませんでした。

なぜなら、結局はいままでのWindowsだからです。
つまり操作にはマウスとキーボードが適しているのです。
指タッチもペンタッチもWindwos上では使い勝手がいいとは言い難いです。
まぁ、絵を描くときくらいじゃないでしょうか?
メトロUIはトラップですので無視した方がいいです。

つまり、汎用性を考えれば普通にノートPCを購入したほうが使いやすいと言えます。


次回はデスクトップ用OSとしてのWindows 8についての感想です。