ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
スパイク(2010-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


久しぶりにゲームのエンディングを見た気がしますね。

じゃぁ株式会社スパイクの『ダンガンロンパ』の感想でも語るよぉ。
まずは、『ダンガンロンパ』についての簡単な説明からはじめましょう。(CV大山のぶ代)


アドベンチャーゲーム

『ダンガンロンパ』はアドベンチャーゲームです。
画面調べたり、選択肢選んだりするアレです。
アドベンチャーについての詳しい説明はWikipediaでも読んでね。

アドベンチャーというのは古いジャンルで、
かなり昔に「RPG」と「アクションアドベンチャー」という派生ジャンルを生み出していますが、
古来のアドベンチャー自身も細々と生き残っているわけですね。

近年では『逆転裁判シリーズ』が大ヒットしましたが、
それ以外ではあまりヒットした話を聞きませんね。

まぁアドベンチャーゲーム好きは日本に3人しかいないらしいですからね!

そんな中、勇ましく登場したのが『ダンガンロンパ』なのです。


殺人推理ゲーム

まぁ、詳しいことは公式サイトでも見てもらえばいいんですが、
一応説明しますと、『ダンガンロンパ』は殺人推理ゲームです。
だからかなり血なまぐさい内容です。
殺人が発生すると一定の捜査の後、「学級裁判」が開かれます。
ここでは自らが持つ証拠を弾丸に見立てて、
他者の事実と矛盾した発言をガンシューティングの要領で撃ち抜いていきます。


難易度

非常に親切で推理とアクションで別々に3段階で設定できます。
私はいつもデフォルトでやるので、一番簡単な設定にしておきました。


超ゲーム級の声優

まず重要なのは大山のぶ代さんが演じる「モノクマ」でしょう。
この圧倒的な存在感を持つキャラクターによって一気に作品そのもの存在感が上昇しました。
その他のキャラクターも豪華声優陣なのですが、フルボイスでないのが悔やまれます。
まぁ、UMDに入らないでしょう。


超ゲーム級の演出

次に気になる特徴は2.5Dグラフィックです。
基本的な背景は3Dポリゴンで構成されていますが、
中に配置されているオブジェクトはキャラクターを含めて
2Dです。つまりペラッペラなんです。

部屋に入ったときにはすごい勢いで部屋のパーツが動いて
パズルのように部屋が組上げられていく演出が入ります。

さらに驚くべきことにこのゲームの中では血はピンクなのです!
もちろん絵がそうなってるだけで、設定としては赤です。

これら一連のコミカル要素によって直接的な血なまぐささを軽減し、
間接的に不気味さを演出しているのです。

他にも演出のすごいところはたくさんあるのですが、
書ききれないので省略します。

ちなみに直接的にグロい絵はないのでそのあたりは安心して大丈夫です。


超ゲーム級の展開

アドベンチャーゲームっていうのは終始だるい感じが延々と続いてしまうものですが、
この作品に関してはその点は大丈夫です。
次から次へとぶっとんだ事が起こりプレイヤーを飽きさせません。


総括

なんか包括的に語ってしまいましたが、
体験版でもなんでもいいから是非この演出力を体験しいただきたいですね。