なんかイメージエポックが決起会とかやったらしいですね。

動画見ましたけど、イメージエポックの将来が心配なりました。

4Gamers.net「イメージエポックはパブリッシャとして“JRPG”とゲーム業界を盛り上げていく。2011年以降のプロジェクトが続々発表されたイメージエポック「新作発表会 兼 JRPG宣言決起会」レポート」
ついでですから『ラストランカー』と『Fate / Extra』という双子の作品について考察してみます。

ラストランカー

フェイト/エクストラ(通常版)

なんで双子かやればすぐわかりますけど、
基本的によく似ています。
発売もほとんど同時でしたし。

・レベルやHPなどJRPGの概念を大体揃えている。
・1 VS. 1を基本とした戦闘システム。
・妙に充実した瞬間移動機能。

基本的なクオリティがかなり高いし、
システム的なおもしろさもあり、「ある部分」を除いて親切さもあります。

しかし、必ずJRPG定番の弱点が共通して見えます。

作業感がすごいのです。
そして……飽きた。
まぁ、私は半分ぐらいで放置状態です……。

『Fate / Extra』のダンジョンはこんな感じです。おそらく全編に渡って変わらないでしょう。

どちらもザコモンスターの種類が極端に少なく、存在意義もあまりないです。

逆にボス戦はかなり盛り上がります。
ストーリーから考えればボス戦だけでいいと思えます。

何でこうなるかを考えれば、開発規模に対して長時間遊べるゲームを無理に作った結果でしょう。

RPGを名乗る以上、長時間遊べなくてはならないという強迫観念を感じます。

『テイルズオブ』シリーズは資金の少ない子供が遊ぶことを
考慮して、かなり長く遊べるように工夫してあります。
同じダンジョンに2回訪れるようにしたりですね。
大人には余計なお世話でしょうね。

私は濃くて短いゲームがいいなぁ……。
チームICOに期待。