チラシのオモテ

よく来たな勇者よ!
ここはゲームやデジタルガジェットに関するワシの主観溢れるレビューが読めるぞ!
フハハハハハハ!!

2015年09月

【イベント】TGS2015ではコナミブースでコラパッケージを手に入れろ!

さて、明日からいよいよ東京ゲームショウ2015の一般デーですね。

とは言っても最大の注目出展であるモーフィアスはビジネスデーですら15分で瞬殺!

ではどこへ行けばいいのか?
コナミブースである。
コナミブースではなんと自分の写真でゲームのコラパッケージを作ってくれるのだ!

タイトルは「メタルギア ソリッド V ファントムペイン」、「ウイニングイレブン 2016」、「実況パワフルプロ野球」から選べるぞ。

メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント
2015-09-02

【ゲーム】『MGSV:TPP』のEP50「[EXTREME]サヘラントロプス」攻略

ようやく全部のメインミッションをクリアできた。

特にEP50「[EXTREME]サヘラントロプス」は大変だった……。
普段は攻略記事とか書かないのだが、せっかくだし今回は書いておこう。

まず最初に考えたのが、普通にミサイルで戦うことだった。
EP30はこの方法でなんとか勝てた。
しかしこの方法はあまり良くない。
一回の補給で与えられるダメージがあまり大きくない上にリロードが頻発する。
さらに自爆のリスクもある。
特に後半の強制リフレクションにおいては圧倒的に不利である。

次に考えたのが置いてある戦車や装甲車を利用するという戦法だった。
結果的に火炎放射か腐食性アーキアの餌食になるということでダメだった。

最後に試したのがDウォーカーである。
装備はバルカン。
弾は1000発までパワーアップさせてある。
これはミサイルの弱点を見事に克服している。

具体的な戦法だが。
まず、普通にバルカンで攻撃し、サヘラントロプスが剣を抜いたら背を向けてダッシュで逃げる。
攻撃が終わったら、振り返って撃つ。
基本これの繰り返しである。

隙あらば先行して弾薬を補給を要請する。
自分から積極的にヘリコプターの支援攻撃を要請する。
このミッションに関してはこれでもSが取れる。
ヘリコプターはミサイル搭載までは育てておきたい。
防御力を上げているとなお良い。
Dウォーカーならヘリコプターを守りやすい。

レールガンから身を隠している間に、爆撃支援を要請する。

強制リフレクションがきたら、もちろんガスマスクの少年を狙う。
Dウォーカーのバルカン装備なら隙ができにくい。

これで勝つる!

メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント
2015-09-02

【ゲーム】『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の感想

つ、ついにここまで来た。
長く激しい戦いだった。

まだ、すべての要素が出揃ったかどうかわからないが、とりあえずここで一回書いておく。

ではまずこの作品を一言で表してみる。
BIGBOSSはMSFについて「天国でもあり、地獄でもある」と表現したが、まさに本作は「最高でもあり、最低でもある」と言えるだろう。

重厚なシナリオ、自由度の高いゲームデザイン、基本的にものすごく高く評価できる。

だが、逆に評価できない部分も目立つ。
長い。
あろうことか、あのメタルギアがついに「水増し」に手を出してしまったのだ。

本作は、序章、第1章、第2章で構成されているが、第2章のミッションはほとんどが第1章のミッションの高難易度版であるという非常に残念なことになっている。

そもそもミッション制のゲームというのはこういう罠に陥りやすい。
しかし、あのメタルギアが嵌ってしまうとは悪い意味で予想外だった。

そもそもメタルギアというのは「太く短い」のが特徴だったはずだ。
「気が向いた時に軽く1周」できるのがメタルギアである。
水増し以前にあまり長いとこれができない。
本作はすでに周回プレイを前提としては作ってないのだろう。

ヘリコプターの無駄な時間はなんとかならなかったのだろうか?
せめてミッション開始時はヘリコプターから降りる瞬間から始められれば無駄な時間は短縮できるだろう。
危険度が高いLDを選択した時だけ上空から始まるようにしてもよい。

しかし、これまで挙げたことよりはるかに重大な問題がある。
それは、本作のシナリオがアウターヘブン誕生まで至らないということだ!
私の勝手な予想では、本作の最後はアウターヘブンの姿が画面に映って終了ということになっていた。
そうでなければ円環は閉じれないからだ。
結果、アウターヘブンは一応映ってはいたが洗面台周りだけで思っていたのとは違った。
重要なのはダイヤモンドドッグスからアウターヘブンへの移行過程および、FOXHOUND司令官への再就任仮定だからだ。

本作が果たした役割はPWとGZで広げた風呂敷を畳むことでしかない。

正直言って、PW~本作はそれほどミッシングリンクを埋めるものではない。
半分黒歴史扱いと言われているOPSの方がよっぽどアウターヘブンへの繋がりを感じさせる。

ものすごく簡単に言えば、最後のメタルギアのはずなのに終わった気がしないということだ。
我々が期待していたのは『MGS4』の様な「終わった感」ではなかったのだろうか?

わかりやすいラスボスがいないのも「終わった感」がしない理由のひとつだろう。

メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント
2015-09-02

RSS
RSSはこちら
記事検索
QRコード
QRコード