チラシのオモテ

よく来たな勇者よ!
ここはゲームやデジタルガジェットに関するワシの主観溢れるレビューが読めるぞ!
フハハハハハハ!!

2015年08月

【デジタルライフ】JCVハイレゾイヤホン『HA-FX850/1100』の威力を見た(聴いた)

先日、某家電量販店でハイレゾイヤホンの試聴をしまっくたのだが、2つだけ明らかに「違う」イヤホンがあった。

JVCの『HA-FX850』と『HA-FX1100』である。
この2つは他と何が違うのか?

カタログをめくってみたが、どうやらこの2つは45kHzまで出力できるみたいなのだ。
普通のイヤホンは20kHz、普通のハイレゾイヤホンは40kHzまで出力できる。

ちなみに、人間の聴覚で聴こえるのは20kHzくらいまでらしいから、普通に考えると普通のイヤホンで十分である。
しかし、直接は聞こえなくてもなんらかの影響を与えているという説もあり、今回の試聴で実感したことから案外人間の聴覚はバカに出来ない思った。

ちなみに、45kHzまで対応しているイヤホンが他にないかちょっと検索してみたが、オラソニックの製品が1つ引っかかっただけであった。
しかも『HA-FX1100』より遥かに高額である。

音質では圧倒的な『HA-FX850/1100』であるが、弱点もある。
イヤホンというのは高級になるにつれて部品をいっぱいつめ込むようになり、どんどん大きく重くなる。
この製品は自重で極めて耳から外れやすい。
長時間もしくは歩きながら聴くには不向きだ。
一瞬いい音を聴くことにのみ使える。

ちなみに私の聴覚では『HA-FX850』と『HA-FX1100』の違いはよくわからなかった……。




逆に長時間つけるのに特化したイヤホンが欲しいなら、この前も紹介したオーディオテクニカのか『C310/320』がオススメ。
今どき貴重なオープンエアー型だぞ。


【ゲーム】ついに『MGSV:TPP』発売までついに1周間をきった!

『METAL GEAR SOLID V: The Phantom Pain』発売まであと1周間をきった!
なんかコナミが大変なことになっているがとりあえず発売はしてくれそうでよかった!
メタルギアファンの諸君はコナミと小島監督の確執がそのままゼロとビッグ・ボスの確執とリンクしている感じがして震えていることだろう。

さて、最後の1周間で我々は何ができるだろうか?

まず部屋を掃除しよう!
集中力を高める空間を作るのだ!

次に食料、飲料である。
MGS3でお世話になったカロリーメイト。
MGS4でお世話になったリゲイン。
PWでMSFが開発したドリトス、ボンカレー、マウンテン・デュー、ペプシネックス。
これらの中からいくつかを選んで揃えよう。

そして、関連する小説を読んだり映画を観たりしよう。
ここで影響が明言されている『1984』は必読だ。
「アフガンは広い」の元ネタである『ランボー3』を観るのも良い。

肝心の本編ソフトはダウンロード版の予約がオススメだ。
08/31にはダウンロード開始され、09/02の00:00にはプレイ開始できる。
これより早く遊べる手段は普通には存在しない。

ただし、PENのクレジットカード決済機能がバグってるから、PSストアカードを買うのがオススメだ!

あとは、ひたすらメタルギアへの信仰心を高めよう!
「KOJIMA IS GOD!!」

『MGSV:GZ』で指慣らしするのも良い。

それでは!





RSS
RSSはこちら
記事検索
QRコード
QRコード