チラシのオモテ

よく来たな勇者よ!
ここはゲームやデジタルガジェットに関するワシの主観溢れるレビューが読めるぞ!
フハハハハハハ!!

2015年01月

【ゲーム】Wii Uを買ってしまった

買って「しまった」と少々残念なニュアンスになっているのは、私があまりモノを増やしたくない性格だからである。

しかし、ついに『ゼノブレイドX』の発売日も発表され、「そろそろ買うか……」と思った次第。

買ったのはもちろんベーシックセットだ。
余計なものが付いていないからである。
センサーバーもWiiコンもすでに持っている。
内部ストレージがProよりはるかに少ないのが気になるが、そこまでWii Uを使わないだろう……。

縦置きスタンドがないのが地味に痛いが、これは別途注文していおいた。
その内届くだろう。

で、実際繋いで電源を入れてみると……とにかくいっぱいアップデート走ってうぜぇ。
本体も何故か2回もアップデートが走ったし、プレインストールアプリもそれぞれ起動しようとするとアップデートが走る。

あと、PS4に慣れたせいか、全体的に動作がもっさりしている。

ソフトは買っていないので、とりあえずバンダイチャンネルでも見てみることにした。
しかし、このアプリ、操作性が異常に悪く、イライラする。

間違っても、「なんかおもしろいのないかなぁ」みたいないい加減な気持ちで起動してはいけない。
かならず、具体的に作品を決めてからだ。

再生が始まってしまえばむしろWii U版の長所が見えてくる。
表示を、テレビと手元のタブレットで自在に切り替えられるからだ。

まぁ、そんなこんなで『ゼノブレイドX』を楽しみにしている。



【アニメ】アニメ『艦これ』の水上スキー問題について考える

さて、『艦これ』のアニメが始まったわけだが……
だめだ……シュール過ぎる

まず、人(みたいなの)を「駆逐艦」と呼ぶ会話がシュールである。
これは設定上まだ仕方がない。

やはり本命は水上スキーである。
これはもっとなんとかならんかったのか?

ちょっと、改善案を考えてみた。
  • 走る
  • ジャンプ
  • ちょっと水面から浮かせてみる
  • もっと前傾姿勢にする
「走る」は多分駄目だろう。違う意味での超人感が出て、もはや今川作品になってしまう。
「ジャンプ」というのはつまりはプリズマ☆イリヤの美遊の飛行方法を水面に応用したものである。
個人的には「前傾姿勢」が有望だと思う。
あのシュールさは水上スキーそのものよりは直立であることから発生していると思う。

さぁ、あなたも好きなものを選んでみよう!
もちろんオリジナルアイデアでもいいぞ!

どっちにしろ、始まってしまったものは変わらないがね!

それはそうと、あの航空機にあんな人?が乗っていたのは驚きだった。


【ゲーム】『アサシン クリード IV ブラック フラッグ』をクリアしたぞ

当ブログを読んでいただいている意識の高いオタクの皆様、あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いします。

圧倒的ヨーホー感を体験せよ

さて、『アサシン クリード ユニティ』が思いの外おもしろかったので、ついカッとなって4も購入してしまった。
しかし、これも思いの外面白かったのである。

まず、『ユニティ』と違ってちゃんと○決定☓キャンセルになっている。
『ユニティ』のおかげでこれだけでも評価がグッとあがってしまう(笑)。

さて、肝心のゲーム内容だが、なんとカリブ海を自由に海賊船で航海できるのだ。
イギリスやスペインの船を見つけたら容赦なく攻撃!
走行不能にしたらそのまま手下たちと一緒に乗り込んで制圧!
物資をいただくのだ!
この圧倒的ヨーホー感が本作の醍醐味である。

ちなみに、パッケージ裏には「カリブ海の全てをオープンワールドで再現」とある。
実際にはどれくらいの規模感なのか?

とりあえず、グーグル・マップを開いて「プロビデンシア島」と「ナッソー」の位置を確認しよう!
それがおよそ南北の規模感である。
だいたい正方形の世界なので東西も同様である。

地形はかなり歪んで再現されているが……これは海の面積が大きすぎると都合が悪いためだろう。


RSS
RSSはこちら
記事検索
QRコード
QRコード