なかなか面白い記事を発見しました。
「Steins;Gate」の開発元5pb.の志倉氏らが考えるコンテンツ戦略――“原作”たり得る表現メディアとしてのノベルゲーム

正直、いかにして最高クオリティを叩き出すかという記事には若干ウンザリなところがあります。パクれないので。

こういう安いコストでどうするかの話のほうがおもしろいですね。


さて、記事内には小島秀夫氏がアドベンチャーゲームを作るという話がありますね。ようやく作っていただけるのですね。

小島秀夫氏は自らを日本に3人しかいないアドベンチャーゲーム好きの1人と言っています。(ちなみに小島氏認定の残りの2人はイシイジロウ氏と巧舟氏です。宮本茂氏が入っていないので、ここで言うアドベンチャーゲームにアクションアドベンチャーは含まれないでしょう。ソースは結構前のファミ通ですのでリンクとかは貼れません。)

しかし、最近小島秀夫氏はアドベンチャー作っていません。
日本に3人しかいないアドベンチャーゲーム好きを名乗るには、そろそろ新作が必要でしょう。

あと、個人的には、菅野ひろゆき氏を加えてほしいです。

「日本に3人しかいないアドベンチャーゲーム好き」発言がただのネタだとかいう無粋な突っ込みはなしですよ?