謎のノート

よく来たな勇者よ!
ここはゲームやデジタルガジェットに関するワシの主観溢れるレビューが読めるぞ!
フハハハハハハ!!

『いけにえと雪のセツナ』の感想

『いけにえと雪のセツナ』をクリアしたぞ。

正確にはわからないが長さもやや短めで、今時としては丁度いいかもしれない。
無駄に長くする昨今のゲーム開発者は見習って欲しい。

ゲームのプレイ感覚は90年台のRPG(というか『クロノ・トリガー』)に近く、「とりもどそう。ボクたちのRPG――。」というキャッチフレーズ通り、本作はスクエニによる究極の自己懐古主義的作品である。
「とりもどす」も何も、スクエニが勝手に捨てただけで、「何言ってんだこいつ」感はあるが、まぁそこは良しとしておこう……。

「とりもどした」のはゲーム性だけではなく、失われた古の技や魔法の名称をいくつも蘇らせている。
『クロノ・クロス』以来見なくなった「エックス斬り」が久々にできるだけも感慨深い。
その上、本作の「エックス斬り」は「回転斬り」と「ダッシュ斬り」というクロノシリーズ主人公2人の技による連携ということでさらに感慨深さも倍増である。
ちなみに本作では「回転斬り」も「ダッシュ斬り」も魔法(物理)という扱いである。
他には近年では見なくなった「開発室」も復活している。

と、いろいろ「とりもどした」本作であるが、一番大事なものが取り戻せていない。

それは「わかりやすくて、盛り上がるストーリー」である。
FFは7くらいからストーリーが複雑化し始め、「ファブラ・ノヴァ・クリスタリス」ではついに「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」になってしまった。
いや、それ以前に『クロノ・クロス』がすでにゲーム史上最も難解なシナリオではないだろうか?
個人的にはこういうのも好きだが、やはり一般的に考えてわかりにくいのは大きな弱点である。
多くのゲーマーが欲したのは『クロノ・トリガー』のように「わかりやすくて、盛り上がるストーリー」だったはずだ。
「とりもどす」というのは鳥山求氏からシナリオを取り戻すという意味だったのかもしれない。

PVの頃から嫌な予感はしていたがそれは的中した。
本作のストーリーはわかりやすくはあったが、あまり盛り上がらなかったと思う。

そもそも同じようなマップばかりで、BGMもピアノのみである。
これではRPGとして盛り上がらない。

総合的に判断すると「やや良作」ぐらいだろうか。
それもPS4版ならの話である。
PSVITA版はロードや処理落ちが酷く、どうして出してしまったのか不思議なレベルである。

いけにえと雪のセツナ
スクウェア・エニックス
2016-02-18

Windows 10でFirefoxが再描画されない問題について

今回から【タグ】をやめました。

Windows 10にしてからどうもFirefoxがおかしい。
具体的に言えば、最小化して元に戻すと再描画されず白くなってしまうことがある。

ネットで調べてもこれと言った情報が見つからなかった。
が、解決方法は一応わかった。
他にだれも書いていないから私が書いておこう。

メニューバーを非表示にするのである。
なぜかはわからないが、これで発生する確率がぐっと下がる。
ちなみに、現在のFirefoxのデフォルトでは非表示である。
正直、これがないと落ち着かないのだが白くなるよりはマシかもしれない。

ちなみに今現在の私が使用しているFirefoxのバージョンは44.0.2である。

【洋画】『スター・ウォーズ EP7』の感想【ネタバレなし】

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』を見たのだが……
チャンバラがショボい!!
特に前作のヨーダVSシディアスのド派手な頂上決戦からの落差は凄まじい。
シナリオ上、仕方がないのかもしれないが『スター・ウォーズ』はライトセーバーでチャンバラしてナンボの映画だ。
カイロ・レンの意味深なライトセーバーもただのコケオドシで非常にガッカリである。
レイの意味深な棒はなんなのだ……?

ただ、ジェダイやシス以外がライトセーバーでチャンバラするのは斬新かもしれない。

信者じゃなければわざわざ映画館に行って観なくていいぞ。
信者はEP4のショボいチャンバラに慣れてるから大丈夫だ。

ガルパンは絶対映画館で観るんだぞ!

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
リーアム・ニーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-11-13

【ゲーム】2016年の注目タイトルについて

あけましておめでとうございます。

というわけで、今年の注目タイトルについて確認しておくぞ。
今年本当に発売されるのか、そもそも発売されるのか怪しいのも含む。
順番は期待順。

FINAL FANTASY XV

開発に10年かかっているエターナル学園の大先輩だが、そろそろ卒業の目処が立ってきた。2016年に発売されることを期待する。

人喰いの大鷲トリコ

こちらもエターナル学園の大先輩だ。一歩先のゲームデザインを先取りするのがチームICOのコンセプトだったはずだが、逆に時代遅れの恐れがある。

サマーレッスン

PSVRへの期待はほぼこれへの期待だ。真のCOOL JAPANを世界に知らしめて欲しい。

NieR:Automata

サブタイルを人造人間にするのが恒例になるのか?

いけにえと雪のセツナ

02/18発売予定。この中では唯一発売日が確定している。自己懐古主義的作品っぽい。『クロノクロス』が受け継がなかった『クロノトリガー』のシステムを受け継ぐ作品がついに登場。

SaGa SCARLET GRACE

久々のサガ新作。『アンリミテッド・サガ』が1ルートもクリアできなかったので小説版読んで誤魔化したのはナイショだぞ☆(ゝω・)vキャピ

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

スピンオフの『絶対絶望少女』はナンバリングより若干劣る感じだったが、今回は期待している。


とまぁ、こんな感じかな。
ゲームをやるのも楽じゃないので、やるゲームはできるだけ絞っていきたいと思う。


【ゲーム】2015年のゲームを振り返る

2月に書いたこの記事を読みなおして見たのだが……
  • 『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』→『時のオカリナ』に比べるとかなり微妙。キツイ。
  • 『The Order: 1886』→微妙。
  • 『ぼくの一人戦争』→期待に対して微妙。
  • 『ファイナルファンタジー零式 HD』→エンディングは神。
  • 『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』→ダメ。
  • 『XenobladeX』→結構面白かったが、オチがひどい。また、WiiUのダメさも思い知る。
  • 『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』→ゲームとしては最高レベルだが、アウターヘブンに繋がらなかったのが非常に残念。
  • 『夏色ハイスクル青春白書(略)』→チャレンジ精神は評価したいが、失敗と言わざるを得ない。
  • 『FINAL FANTASY XV』→未だに発売日すら不明。
蓋を開けてみるとガッカリな部分が多く、豊作かと再度問われれば、微妙なラインである。

さてさて来年はどうなることやら……。

『スプラトゥーン』とか『マリオメーカー』とかはガン無視してるって?
もっさりハードのゲームなんぞ知らん!

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2015-06-29


RSS
RSSはこちら
記事検索
QRコード
QRコード