チラシのオモテ

よく来たな勇者よ!
ここはゲームやデジタルガジェットに関するワシの主観溢れるレビューが読めるぞ!
フハハハハハハ!!

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』がすごい

FF15本編に先駆けて劇場公開された『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』を観てきたわけだが……これはかなりすごいかった。

映画ガー映画ガー言い続けてると思ってたらついにここままで来たという感じである。
『スターウォーズEP7』よりはよっぽど出来が良い。

まず、フルCGで実写に限りなく近づけようとする擬似実写の映画というのがそもそも少ないので新鮮味を感じる。
私の記憶では大コケで有名な『FINAL FANTASY』ぐらいしか思い出せない。

次に、世界設定が実に興味深い。
舞台となるインソムニアという都市は現代日本のようなものになんか混ざっている感じが奇妙でおもしろい。
背景を見てるだけでもかなり楽しめる。
UNIQLOが普通に溶け込んでいてニヤリとできる。
使われている言語は日本語と英語(にそっくりのもの)である。
テレビや新聞の表示では英語(みたいなもの)だが、『BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV』の学校内では日本語(みたいもの)で書かれた標語が貼られている。
自動車のナンバープレートは日本風である。
通常、言語と国家は一対一対応しているが、このルシスという国は一体どうなっているのかものすごく気になる。

そして、迫力の戦闘シーンである。
ワープ剣がとにかくかっこいい。
あの粒子エフェクトがいい感じ。

この作品唯一の問題は「続きはゲームで」であることだ。
根本的にそういうコンセプトなんだから仕方ないが、ソフト代定価税込み9504円とクリアまでの推定プレイ時間約40時間がそれぞれかかるというとてつもないハードルの高さだ。
ゲーム機本体代定価税込み37778円がかかる人もいる。
『ADVENT CHILDREN』は逆だからよかった。
「かつてFF7をクリアしたが、今更RPGのクリアとかキツイ」という人が多いことにマッチして見事に大ヒット。
というわけで映画としては中々の逆境である。
逆にFF15をやる気でいるゲーマーの皆様は1800円と115分だから絶対に見ておくべきである。

ちなみに本編の4人がほんのちょっとだけ登場するが、そこだけクオリティが低いのはご愛嬌。


現在のディスクレンタルのメリット

さて、近年Netflixをはじめ様々な動画配信サービスが目立ってきているが、ここであえてディスクレンタルのメリットについて語っておこう。

当たり前だが、ポテンシャルを100%発揮した配信にディスクレンタルは勝てない。
しかし、現状ではそうなっていない。
それはどういうことか?

まずは品揃えである。
配信は最近始まったばかりなのでまだ見れない作品が多い。

次に吹き替えである。
実は、配信されている外国映画はたいていが字幕版のみである。

というわけで残念ながらまだしばらくは、ディスクレンタルは有用なのだ。
それ以外のケースとして、無制限なインターネット環境がない場合もディスクが有効である。

もちろん、日本人にとって日本のアニメは吹き替える必要がないので、配信が有利である。


ヤフオクにおける転売ヤーの通報は無駄

PSVRの予約がはじまりましたが、皆様予約に成功しましたでしょうか?
私は失敗しました。
まぁ、まだまだチャンスはあるので気長に待ちましょう。

さて、近年ではこういう人気商品が出ると決まって転売ヤー(転売屋)の餌食になります。

なんとかならないのでしょうか?

こんな記事を見つけました。
PSVRの転売ヤー「自分が買えなかったことに文句を言う前にもっと頑張りましょうw」「5万近くで売る会社も買うお前らも馬鹿」

この記事では手元に商品がないことを根拠に通報することを推奨しています。
確かに発売日前ならほぼ商品はありません。
しかし、この通報は無駄です。
なぜなら、手元に商品がなくても「手配」ができていれば問題ないからです。

注文者、落札者の入金を商品調達に充当する出品の禁止とは?

つまり、「予約済み」と明記しておけば確認するすべがないので、おそらく消されません。
実際の出品を見るとほぼ全てに「予約済み」と書かれています。

ヤフオク運営にルールを変えるように要望を出すというのもありますが、現状の方が儲かるのでなかなか難しいでしょう。
どう変えるのかも結構難しいですからね。

予約している店の方へ通報すれば有効な可能性はありますが、そもそもどうやって特定するのかの問題があります。

というわけで、あとは転売ヤーから買わないようにするしかありません!

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13

FF15に見るゲーム業界の終焉

最近の田端氏のインタビューを読んでずっと思っていたのが、クリエイティブな要素があまり出てこない。組織論が主なのである。つまるところ、「この人クリエイターじゃねぇ!! プロジェクトのマネージャーだ!!」と思っていたのだ。

とか思っていたら、ついにこんな記事が出た。

誰もがみんな“FF病”だった――鉄拳・原田Pによる不定期連載「原田が斬る!」。第1回はスクウェア・エニックス田畑氏が「FFXV」流リーダー術を語る

田畑氏:
 実は原田さんには,以前にもそのことを聞かれたんですよ。あなたのアビリティはなんなのかって。そのときは即答できなかったけど,今日はちゃんと考えてきました(笑)。僕はね,強力な組織を作るのがうまいんです。


だそうだ。
おそらくFF15を完成させるにはこういう人が必要なのだろう。
しかし、だとすれば実に夢のない話である。
田端氏の台頭は日本のゲーム業界の終焉の表れかもしれない。
想像だが、海外の大作ゲーム開発はもっと早くこうなっていたはずだ。

ちなみに私はプレイヤーとしてはFF15にものすごく期待している。
数少ない日本的な感性で作られる超大作だからである。
逆に言うと、こういう作品が少ないということで、やはり日本のゲーム業界は終わっているのかもしれない。
メタルギアも終わったもんね!


ガルパンはいいぞ、4DXはさらにいいぞ

ガルパン4DXを観てきたぞ。

4DXは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』以来2回目である。
『マッドマックス』を観た時にあまりにも4DXとの相性が抜群なので、これ以上の映画体験は当分ないだろうと思っていたが、早くも超える作品が出てきたのだ!

揺れ方があまりにも自然なので、見続けていると、だんだん元から4DXだったような気がしてくるのだ……。
もはや画面が揺れているのか席が揺れているのか区別がつかなくなってくる。
最初に観た時はわざとらしいと思ってた雨も4DXの演出を活かすためのものではと思わせてくれる。
あとは、風呂場でシャボン玉が面白すぎる。

100点満点の映画が150点になる、それが4DXなのだ。
ただひとつの問題は、ガルパン4DXがあまりに完成度が高すぎて、これを超える作品が当分出なさそうなところである……。

酔うのが怖くて体験していないのはもったいない。
私はかなり車酔いが酷いが、4DXは大丈夫だ。(作品によるかも知れないが……)
絶対酔わないと保証することはできないが、一回くらいは試してみるのも悪くないだろう。

ちなみに、4DXというから3Dは前提かと思っていたがそうではないらしい……。


RSS
RSSはこちら
記事検索
QRコード
QRコード